FC2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
こっちも見てって!
ブログパーツ
おこしやす
アクセスランキング
Special Thanks
リンク
ブログ内検索
ありがたいコメント
URLのご記入をお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック

天然の炭酸水を飲んで来たよ

関東甲信が梅雨明けしたようですね。
それにしては夏空が広がる事は無く雷雨がありました。
本日もお越しいただきありがとうございます。

Google検索で”炭酸場"を検索すると真っ先に出て来る
福島県大沼郡金山町の大塩天然炭酸水
国道252号線を走るたびに気にしつつも素通りしていました。
今回時間が許されたので炭酸水が湧き出る井戸に立ち寄って来ました。
20190723_4381_5770.jpg
大塩天然炭酸水の由来と周辺の略図が書かれています。
20190723_4382_5769.jpg

おや?井戸の奥にナニかありますねぇ。
20190723_4383_5766.jpg

新しく引水口を設け別の所から飲めるようになっていました。
20190723_4384_5763.jpg

コップや柄杓が用意されていました。
20190723_4385_5765.jpg

夏場は水位が下がり鉄分が濃くなって飲みにくくなるとのこと。
実際鉄っぽさが舌に残り別な意味で鉄分補給をしました。
雪解け時期の水流豊かな時が飲みやすいのでしょうか?
また遊離炭酸(二酸化炭素)は1500ミリグラム以上のこと。
この天然炭酸水は井戸水なのでキンキンに冷えていて。
パチパチと口の中で炭酸が気持ち良く弾けました。
引水口の方はシュワっとするような感覚の超微炭酸という感じでした。
誰でも自由に炭酸水を汲むことができますが限りある地元の資源です。
時期にも依りましょうが500mlペットボトル2~3本が節度な量ではないでしょうか?
20190723_4386_5768.jpg

もうひとつの天然炭酸水があると言う事で向かってみました。
炭酸場"から只見方面へ車で5分ほどにある”滝沢天然炭酸水”です。
大塩のような目立つ目印は無く”ハーベス滝沢工場”が目印となりますので
白い建物が見えてきたらスピードダウンです。
20190723_4387_5774.jpg

案内板に書かれているように駐車場の直ぐ下にあります。
はしご酒ならぬ”はしご天然炭酸水”はいかがでしょうか?
20190723_4388_5773.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
猛暑日となる所が多くなるようです。
十分お気を付けください。

撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しをお待ちしております。

テーマ:旅の写真
ジャンル:写真

タグ:炭酸場 大塩天然炭酸水 滝沢天然炭酸水

昭和の面影を求めて北海道へ Vol 8

梅雨の中休みとなり青空が広がる時間帯もありました。
そのため気温も夏日一歩手前の24.3℃の行楽日和となりました。
本日もお越しいただきありがとうございます。

仕事に追われ3日ぶりの更新となってしまいました。
4日間の北海道旅行の備忘録も最終話となりました。
前回は林道に設置されているゲートの所で一区切りしました。

タウシュベツ川橋梁近くの駐車場に到着すると数台の車が止まっていました。
これだけの人数なら山親父(ヒグマ)が現れても心細くないだろうと…。
約4㎞の林道を歩いて来たのかと⁉
20190524_4260_4655.jpg

画像の掲載数が多いので追記タイプにしました。

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しをお待ちしております。

続きを読む

テーマ:旅の写真
ジャンル:写真

タグ:タウシュベツ川橋梁 第五音更川橋梁 十勝三股 廃線

昭和の面影を求めて北海道へ Vol 7

午後には日差しが戻って来たしが梅雨入り2日。
気温も25℃を超え夏日となり最小湿度も60%台とムシムシ。
本日もお越しいただきありがとうございます。

月日が経つのは早く旅行から帰って来て早半月。
サッサと書き上げないと思い今日の線路っ端は不義理に。

4日目の朝は雲五つある青空となりました。
既に2組の団体は出発し個人客の姿もなくなりました。
残っているのは我々2人とX-TRAILだけとなった糠平舘観光ホテル
昭和の面影を色濃く残す宿を後にする時刻となりました。
20190524_4244_4599.jpg

温泉街から散策路を通って直ぐに行く事が出来る”糠平川橋梁
しかし、ひがし大雪自然館の駐車場に車を入れそこからアプローチ。
ある意味「灯台下暗し」的なアーチ橋です。
20190524_4245_4602.jpg

第二の幻の橋梁?と言われている”三の沢橋梁
緑の季節は枝や葉で国道から一瞬しか見えないのが謂われらしい。
20190524_4246_4617.jpg

ぬかびら源泉郷から5kmほど北上した位置する”五の沢橋梁
国道沿いの駐車帯から80mほど入った森の中にあります。
ただ足元はクマザサが茂る獣道を半藪漕ぎするか?
または長靴を履いて沢を歩くかなので一般観光客は避けた方が賢明ですね。
20190524_4247_4619.jpg

五の沢橋梁から1kmほど北上すると国道右手(糠平湖側)に駐車帯があります。
そこから森の中へ180mほど入るとにタウシュベツ橋梁展望台があります。
そこへの道は整備されており歩き易くなっていました。
長さ130mのコンクリート製11連アーチの”タウシュベツ川橋梁
現物を見たこたぁないが古代ローマの水道橋のように美しく
季節や降水量でダム湖の水位が大きく変化し橋梁全体が完全に見えたり。
逆に水没して見えなくなったりする”幻の橋”とも言われてますね。
20190524_4248_4650.jpg

120mmでは物足りないので300mmのレンズをボディーセット。
乾いた湖底にはダム建設に伴う際に伐採された切核が林立。
一層荒々しい風景ではないでしょうか?
おや!?アーチの向こう側に人の姿が…橋梁まで行ってみよう。
20190524_4250_4632.jpg

駐車帯から3.5kmほど北上すると丸山橋を渡り
カーブ中ほどに林道がありこの道を行けば良いのだと。
右折後ダートの道を200mほど走ると行く手を阻むゲートゲート出現。
あら!こまで来たのにどうする。
山親父にを気にし熊鈴鳴らしながら1時間ほど歩くしかないのか⁉
おや!前方に勇者発見!!彼の後を付いて行こうかなぁ…。
昭和の面影を求めて北海道へ Vol 8へ続く。
20190524_4251_4759.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しをお待ちしております。

テーマ:旅の写真
ジャンル:写真

タグ:国鉄 士幌線 廃線 コンクリートアーチ橋 糠平町

昭和の面影を求めて北海道へ Vol 6

お暑うございました。
今日は10時台に夏日となったようようです。
本日もお越しいただきありがとうございます。

毎週月曜日と水曜日は11時出勤のため線路っ端に行けず。
山手線向けの新製配給や八高検測を撮りたかったですね。

さて北海道旅行の忘備録を。
3日目午後は最終日の予定を前倒ししある場所へ。
この日の昼食はセイコーマート足寄東店での豚丼。
それを店先の駐車場で食し前日来た道を弟子屈方面へと車を走らせました。

阿寒横断道路の頂上にある双岳台で小休止。
雌阿寒岳と雄阿寒岳の両岳を眺めました。
光線状況からすれば午前中に立ち寄りたいビューポイントです。
20190523_4555.jpg

向かった先は屈斜路湖の南側に突き出た和琴半島です。
おや?中ほどに何か建物がありますね。
行ってみましょう。
20190523_4556.jpg

わぁおぅ!共同浴場の混浴風呂ではないですか!
お気付きになられました?
北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ”のファミコン版「簡素な露天風呂」ですね。
と言う事で聖地巡りとなった次第です。
20190523_4564.jpg

Oh!めぐみのバスタオルの場面ですね。
Spherical Image - RICOH THETA

阿寒湖畔の遊覧船とホテルも再現度の高い一枚だったと記憶しています。
右奥の建物は”ホテル阿寒湖荘”なんです。
実際には写真屋さんもアイヌ民族の衣装を着た観光客も居ませんでしたねぇ。
20190523_0386.jpg

天気が良ければ最初に訪問する予定だった相生鉄道公園。
だが雨模様となったので後日送りの最終日に予定していました。
しかし”阿寒湖畔から20kmの道のり釧北峠を越えて30分足らずで到着。
ただ、夕食を頼んであるので長居できないのが残念でならない。
20190523_4597.jpg

今回お世話になった糠平舘観光ホテルの客室例です。
8畳和室と6帖ほどの洋室がミックスされた和洋室。
1泊目は到着時間が遅いので朝食付き和室アウトバス(全室トイレ付)を予約。
しかしホテルのご厚意により2泊ともこちらの部屋を使わせていただきました。
豪華なイメージとは無縁ですがシンプルながらも心休まる部屋でした。

- Spherical Image - RICOH THETA

明日はキヤE193系East i-Dの木更津への自走回送があるので
何日かぶりに線路っ端に行けそうです。
ただ真夏日になるようですが…。

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しをお待ちしております。

テーマ:旅の写真
ジャンル:写真

タグ:オホーツクに消ゆ めぐみのバスタオル 和琴半島 阿寒湖

昭和の面影を求めて北海道へ Vol 5

今日は曇り空ながら夏日となりムシムシした陽気。
今週末には関東も梅雨入りになるのでしょうか?
本日もお越しいただきありがとうございます。

ロクマルことEF60-19が旅客運用のラストランとなりました。
妙義山をバックに撮っておきたかったかなぁなんて思っています。
そのロクマルですが7月1日に除籍されるとの事ですが、
唯一のロクマルなので解体せずに保存の話があるとか?無いとか?
不確定要素ですのであくまでも戯言と受け止めてください。

さて北海道旅行3日目を綴りますね。
朝寝坊はできないのでモーニングコールと一部のカーテンを開けて就寝。
四方を山で囲まれているとは言えこの地の日の出は3時56頃と早い。
起き上がった時には朝日が差し込んでいました。
目覚めのコーヒーと軽い早朝食を摂りツアーの集合場へ。
向かった先は携帯の電波が届かぬヒグマの生息地。
糠平ダムの上流部にある荒涼とした場所でした。
20190523_4445.jpg

現地滞在は1時間ほどでアッと言う間に時が流れ集合時間となり車に分乗。
ひがし大雪自然ガイドセンターで解散し宿に戻り朝食。
ひと休み後は上士幌町へと車を飛ばす。
途中のオービスも難無くかわし森林管理局に到着しました。
20190523_0238.jpg

そう言えば…この近く旧国鉄士幌線の上士幌駅があったなぁ。
当時の面影を求めホテルに戻る前に寄ってみよう。
旧士幌駅の跡地は交通公園交流施設となっていた。
20190523_0240.jpg

交通公園から25分ほどで第三音更川橋梁に到着。
R273号線泉翠橋を渡った左側に駐車帯があります。
20190523_4527.jpg

第三音更川橋梁から3分ほどで第四音更川橋梁があります。
連続コンクリートアーチではなく中央部がデッキガーター橋でサイドがアーチ橋
橋梁説明板や駐車帯が無くうっかりしていると通り過ぎてしまいそうです。
20190523_4541.jpg

時は間もなく11時。
連れのいるホテルに戻りアーチ橋巡りの続けるか?
それとも予定を変更するか?
昭和の面影を求めて北海道へ Vol 6へ続きます。


ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しをお待ちしております。

テーマ:旅の写真
ジャンル:写真

タグ:士幌線 第三音更川橋梁 第四音更川橋梁 アーチ橋