FC2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2021年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
こっちも見てって!
ブログパーツ
おこしやす
アクセスランキング
Special Thanks
リンク
ブログ内検索
ありがたいコメント
URLのご記入をお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック

一度も列車が走る事はなかった第一幾品川橋梁 (越川橋梁)

私事ですが今日はオイラの誕生日。
”冥土の旅の一里塚。
 めでたくもあり
  めでたくもなし”
という句が頭に浮かんだ。
元々は一休禅師の歌で"正月は冥土の旅の一里塚…"となっており
昔は正月がくると一つ歳を取っていた。
今は誕生日が来ると一つ歳をとるので
”誕生日冥土の旅の一里塚
 ありがたくも
  めでたくもナシ!”と言った心境です。
どうでも良い事で初っ端から長くなってしまいました。
本日もお越しいただきありがとうございます。

さて本題の根北線の未完成橋の第一幾品川橋梁 (越川橋梁)です。
以前にもチョット触れましたが根北線を知ったのは廃止直前の1970年ころ
越川駅から先に10連のコンクリートアーチの存在を知り一度は見ておきたいと…。
そして半世紀近い2019年5月21日にやっとその思いが叶いました。
第一幾品川橋梁 (越川橋梁)の蘊蓄は多くの方が綴っていますので割愛しますね。

国道244号線の道路拡張によりアーチ橋は途中で分断され現在の姿となり
10連目のアーチ部分に説明版と橋脚部に登録有形文化財のプレートがありました。
20190522_4388.jpg

アーチ部の下を流れる小川を越え根室標津側の取り付け部に佇みました。
20190522_4384.jpg

アップで撮ったアーチの先端部分です。
バラストは無いみたいですね。
20190522_4383.jpg

越川橋梁を超え根室標津側へと延びる予定線。
当時は両サイドに木々が茂り予定線は簡単に分かり得たが今は農地へ。
20190522_4390.jpg

農道から左に分岐するか小道が予定線ではないだろか?
ココの農地は食害を防ぐためなのかフェンスで囲まれています。
国道からの農道に入る門扉は施錠され農地には入れませでした。
20190522_4391.jpg

国道244号線の改良工事によって取り壊され残った6連目のアーチ。
アーチ上部にバラストが残されているようだが
この時のために購入したドローンを積み込み忘れたのが口惜しかった。
20190522_4394_202101140904294ec.jpg

幾品川上流から見た高さ21.6mの第一幾品川橋梁
新緑の中から単行のキハが顔を出し25‰の勾配がある
越川橋梁渡る姿を思い描いていました。
そして、対岸の新緑の中はどうなっているのか気になり始めました。
これは行って確かめるっきゃない?
20190522_4402.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
幼い時から訪問を夢見た第一幾品川橋梁
誕生日と言う事で掲載してみました。

撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:根北線 第一幾品川橋梁 越川橋梁 コンクリートアーチ

斜里平野に建つカルビー斜里

今日の最高気温は24.3℃と立冬を過ぎても暖かな一日でした。
夜になると北風が吹き始め寒さを感じ始めました。
本日もお越しいただきありがとうございます。

直近の画像が底を突いてしまったので昨年の北海道旅行からの画像を。
オホーツク海沿岸で知床半島の付け根に広がるる斜里平野
藻琴山・斜里岳を開析して北流する斜里川・止別川などの河川によって
形成された低い沖積地と山麓部の台地。格子状の畑を区切る防風林や
斜里岳山麓の森は平野に暮らす人々の原風景といえるでしょう。
その平野の東側に建つ”カルビー斜里”のお話ではなく、
既に多くの方が書かれている1970年12月1日付で廃止となった根北線です。
その線路はと言うと工場奥の青い屋根の平屋建てと森の間を斜めに
横切っており、レンタカー(X-TRAIL)を止めている道が以久科駅への
メインストリートでした。
20190522_4961_4374.jpg

地図・空中写真閲覧サービスより。
以久科駅を中心とした画像を切り取りました。
MHO711X-C5-25.jpg

Google Earthより
縮尺が違いますが以久科駅を中心とした画像を切り取りました。
ikushina st

国道244号線から以久科駅があった方向を見ると、
農道に投げ捨てられた小石や畑を斜めに横切る色の濃い部分。
バラスト(砕石)や道床跡に見えてしまうのは気のせいだろうか!?
20190522_4960_4371.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しをお待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:根北線 以久科駅 廃線 廃止 道床 カルビー斜里 斜里平野

初冠雪の蝦夷富士を往く

天気が短い周期で変わりますね。
ただ最高気温は昨日とあまり変わらなかったようでした。
しかし、出社時に臼茜色の空に浮かんだ浅間山が雪を被っていました。
冬の訪れが一歩一歩近づいていますね。
本日もお越しいただきありがとうございます。

保存状態が悪くて恐縮ですが34年前の19856年10月19日の画像です。
こちらも初冠雪から間もない羊蹄山をバックに長万部を目指すキハ40。
19861019_0031.jpg
142D:キハ40+キハ40:ニセコ-昆布:1986.10.19(Sun)

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しをお待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:初冠雪 羊蹄山 蝦夷富士 浅間山

Sensuous 1957-7

7月も中旬と言うのに今朝は18℃を切りタオルケットだけでは肌寒い朝でした。
今年の夏は平年より高温傾向との予測なので一気に暑くなるのでしょうか?
本日もお越しいただきありがとうございます。

今日は箸休めで昨年5月の画像です。
コンクリートに刻まれた1957-7の文字。
何を意味するのかと言うと1957年11月10日に開業し
赤字83線選定時に廃止になった根北線を取り上げてみたいと思います。
昭和45年11月30日で使命を終え12月1日からはバス転換となったローカル線。
簡単に根北線の歴史を振り返ってみたいと思います。

オイラが根北線を知ったのは鉄道ジャーナル1971年2月号の
巻末近くの消えた”さいほくの鐡道”だったと記憶の底に…。
なにせ小学校生の時だったので曖昧な記憶です。
その時から第一幾品川橋梁越川橋梁)を含め一度は見ておきたいと。
それから半世紀近く経った2019年に目にすることができました。
20190522_4959_4326.jpg
続きがあります。
廃線跡に興味がございましたら追記にお進みください。


ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しをお待ちしております。

続きを読む

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:根北線 越川駅 駅名標 廃線跡 橋台 護憲橋 飽寒別放水路

林道と化した未成線を歩く

2019年も残すところ1日余りとなりました。
年齢を重ねると時の流れが早く感じます。
本日もお越しいただきありがとうございます。

今年最後の更新は未成線です。
本来の意味は鉄道路線において未だ完成していない路線の事です。
愛好家の間では完成を目指して建設工事が行われていたものの
途中で工事が打ち切られた路線を指しています。

車の轍となっている直線部分は土を盛られ築堤になる予定でした。
この先には1998年(平成10年)登録有形文化財に登録された橋梁がある。
ほんの僅かな距離ですが歩いみたり車で走ったりもしました。
20190522_4852_4415.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
今年最後の更新とさせていただきます。
数多くの応援拍手をいただきありがとうございました。
来る2020年もよろしくお願いいたします。
皆さま佳き新年をお迎えください。

撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しをお待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真