fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2022年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
最近の記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
こっちも見てって!
ブログパーツ
Special Thanks
リンク
ブログ内検索
ありがたいコメント
URLのご記入をお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック

羊蹄山と尻別川橋梁を渡る車両たち

晴れるのかと思ったら薄日の差す一日となってしまいました。
明日も同じような空模様なので連休最終日の晴れ間に期待です。
本日もお越しいただきありがとうございます。

今日は嗜好を変えて32年前(1990年)のGWに撮った画像です。
この年はキハ80系南紀を追わずに北の大地を走ったC62を狙いに山線へ。
ここで撮ったC62ニセコ号は掲載済みなので合間に撮った車両です。

1986年11月のダイヤ改正で臨時化された急行ニセコです。
キハ56系2両編成となり寂しくなりました。
199005_0045.jpg
8102D:キハ27+キハ56::ニセコー比羅夫:第二尻別川橋梁:1990.05.04?

北海道と言えはキハ22が思い出されますが、
この時の山線(倶知安ー小樽)はキハ40が主力車両でした。
199005_0012.jpg
2530D?:キハ40 138+キハ40

羊蹄山に雲がかかってしまい残念でしたが14系客車時代の急行ニセコ。
これを撮った12日後には臨時に格下げられ時代の流れを感じました。
そして、北海道新幹線札幌延伸で山線は廃止となり車窓風景も消える。
その前に乗ってみたい気持ちになりました。
198610_0041.jpg
102レ:DD51+14系5車:昆布ーニセコ:第四尻別川橋梁:1986.10.19

や河川が消える前に尻別川橋梁の薀蓄を。
以前にも少し触れましたが線形改良で橋梁への番号が順不同になりました。
通常ならば下流側か第一第二と続くのですが昆布ー倶知安間は当てはまりません。
開業当時からある比羅夫ー倶知安間の尻別川橋梁。
shiribeshi br

ニセコー比羅夫間が線形改良により第二・第三尻別川橋梁の完成。
shiribeshi br3

続いて昆布ーニセコ間の線形改良により第四・第五尻別川橋梁が完成。
これにより下流側から第四・第五・第二・第三。そして開業当時からある尻別川橋梁の順となりました。新幹線の延伸と同時に山線が消えると、尻別川橋梁の生い立ちも忘れ去られて行くんでしょうね。
shiribeshi br1

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:山線羊蹄山第二尻別川橋梁キハ40線形改良

函館どつく 二機のゴライアスクレーン

穏やかな冬晴れの一日でした。
昨日の強風を恨めしく思いました。
本日もお越しいただきありがとうございます。

今日もフィルムからの画像です。
函館のイメージは?と問われたら何を思い出されるのでしょうか?
渡道したルートを思い出すと今でも連絡船が不動の一位となっています。
今でも、函館に行くと二機のゴライアスクレーンが建っているのではないか?
そう思えてしまうのですが既に2009年6月に解体済み。
現在の函館どつくを見ていないので脳内では今でもこの風景です。
中央に見える連絡船は八甲田丸船見公園から撮ったものと思います。
19880916_108.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:函館どつく八甲田丸ゴライアスクレーン船見公園

特急の接続を待たずに出港する羊蹄丸

風が音を立てて吹き付ける寒い一日でしたが11℃の気温となったようです。
今年も10日を切りクリスマス寒波が来るようなので大掃除をしておこうと…。
強風のおかげ厚手の洗濯物も乾きが良くて助かりました。
大晦日は通し勤務のため29日はゴロゴロしようと考えています。
本日もお越しいただきありがとうございます。

さ~て今日も80年代末期の画像です。
かつて青森港と函館港(航路営業キロ113.0km)を結んでいた青函連絡船です。
お決まりの函館山からの風景ですが札幌からの”北斗”が駅へと進入するなか、
羊蹄丸は特急からの接続を待たずに函館港を離岸し青森港へと出港して行った。
それもそのはず青函トンネルは既に開業し青函連絡船は日に2本の復活運航中。
当時の北斗は所定キハ183系7両でしたが青函博期間中で増結対応していたようだ。
その奥の車両基地には現役を退いた車両たちが集結しています。

19880916_10-18.jpg
5002D:キハ183系9連/羊蹄丸:1989.0.9.16

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:青函連絡船羊蹄丸北斗キハ183系青函博函館山

加速線と下り勾配を往くDD51貨物

天気幼保が良い方向に外れ青空の多い空模様でした。
shかし、湿度の方は高くちょっと蒸した一日でした。
本日もお越しいただきありがとうございます。

今日も過去の画像で回想録。
先日ノースレインボーEXPを使用した特急ニセコ が運転されました。
その列車にフォロワーさんが乗車しており前面展望の動画をアップし
車両の説明を録っていた区間が新函館北斗ー仁山だった。
説明もさることながら仁山の加速線の一部が写り込んでいた。

1987年12月末か明けて1月の冬に撮ってあるな~と。
で、出てきたのがサブ機で撮ったモノクロでした。
勾配を下る線路脇の木の奥に見える平坦な部分が加速線です。
蒸気機関車時代にこの難所を登りきるために作られた設備。
仁山信号所(現仁山駅)へ到着した下り列車はバックしてこの引込線に入り、
加速線上で十分な速度を得てから上り勾配挑んでいた。
のちに勾配を緩和する為の藤城線が開通し下り貨物や優等列車が走行。
しかし、1986年10月に125列車で加速線を使用しての発車を体験している。
気動車はそのまま発車したのにDD51はムリなんだぁと思ったものでした。
現在は保守用として活用されているが有事の際には使用可能との事です。
1987_1228_0001.jpg
xxxxㇾ:DD511076+コキ?車:渡島大野(新函館北斗)ー仁山:1987年度冬

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:加速線仁山信号所仁山駅渡島大野新函館北斗DD511076

ゴライアスクレーンのあった港町函館

午後になると冷たい空気が流れ込み雷鳴が聞こえてきました。
昨日のような雷雨とはなりませんでしたが3日連続の”らいさま”(雷様)
我が故郷では雷を雷様(らいさま)という愛称で呼んでいましたね。
そう言えばスタバの”栃木 らいさま パチパチ チョコレート フラペチーノ”
こんどの休みに足利まで足を延ばして食べてこようかな!?
本日もお越しいただきありがとうございます。

函館の街のあちこちから見えたゴライアスクレーン
函館どつくに設置されていた2基の大型クレーン。
当時(1975年) では最大の30万トンタンカー建造用として作られまたが、
すぐに造船不況が訪れ4年後に売却されました。
その後2009年6月には解体の運命になったようです。
その向こうには青森へ向かう青函連絡船羊蹄丸が湾内を航行し
有川埠頭には勇退した青函連絡船2隻と旧客とキハの姿がありました。
撮影は33年前の1988年9月16日のネガからのお届出した。
19880916_0068.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:ゴライアスクレーン青函連絡船有川埠頭羊蹄丸函館どつく函館