fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2022年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
最近の記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
こっちも見てって!
ブログパーツ
Special Thanks
リンク
ブログ内検索
ありがたいコメント
URLのご記入をお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック

喜多良川橋梁を渡るDE10客レと腕木式信号機

昨日の朝より冷え込みが緩んだもののマイナス1.2℃でしたが
相変わらずのひとけた台の最高気温の御用納めの日となりました。
本日もお越しいただきありがとうございます。

昨日に続き平成筑豊鉄道転換前の田川線です。
当時は田川後藤寺発(日豊本線経由)門司港行きの50系客レがあり
田川後藤寺発6時13分の2922レと門司港発16時35分発521レ~4935レの1往復。
第二今川橋梁は有名ですが犀川駅の下り方には短いながらも珍しいトラス橋あり
その袂には場内信号機と通過信号機が建っていたので待ち構えていました。
この喜多良川橋梁は大正十三年に横河橋梁製作所で造られた下路プラットトラス桁。
腕木式信号機と橋梁のアップで構えてましたが犀川発車時刻の18時半頃には
露出が厳しくなり画角を広げ発車待ちの934Dを入れて露出を確保しました。
ダメもとで田川後藤寺まで追い掛けて行ったようです。
19890818-0010.jpg
4935D:DE10 1788+50系5車:犀川ー崎山:1989.08.18
ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:喜多良川橋梁腕木式信号機客レ田川線DE101788

田川線 崎山駅を発つキハ47

寒い日が続いていますがお変わりないでしょうか?
強い寒気の影響で浅間山が雪雲でスッポリ覆われていました
本日もお越しいただきありがとうございます。

今日は1989年8月の画像です。
この年は昭和天皇の崩御、ベルリンの壁崩壊、天安門事件などがありました。
未だにこの三つの出来事が強く記憶に残っています。
年号も平成となり九州のローカル線の廃止や三セクへの転換路線。
その内の平成筑豊鉄道へいちく)の転換を控えた田川線崎山駅
10月1日の転換を前に100形103による試運転とキハ47の交換風景です。
タブレット授受も済み出発の挨拶をする乗務員と駅員。
傾いた電柱に取り付けられた琺瑯製の駅名標が旅情をそそりました。
19890819-0034.jpg
試xxxxD 100形103/932D:キハ47 1072+他/田川線 崎山駅:1989.08.19

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:田川線崎山駅試運転平成筑豊鉄道へいちく

JR九州 沖縄支店

お越しいただきありがとうございますy

本日も沖縄旅行の続きですが、チョイトばかり鉄道ネタを。
ご存知の通り、沖縄にはモノレールはあるものの軌道はありません。
なので鉄道会社の支店は無いものと思っていました。
しかし、JR九州沖縄支店があるのです。
こちらが、JR九州のチケットホルダーに押された、沖縄支店の文字。
20160414_0010.jpg

JR九州沖縄支店は、国道330号線の道路脇にあります。
ドラッグイレブンと吉野家の看板があるので、分かり易いと思います。
ゆいレール壺川駅からは、徒歩で5分程度です。
JR九州沖縄支店へは、ドアーを開けて階段を上り2階に進みます。
20160414_3456.jpg

階段を上り切ると、右側にJR九州沖縄支店があります。
なぜこのような場所にあるのか?と言うと…。
ドラッグイレブンは、九州旅客鉄道(JR九州)の傘下企業だからです。
20160414_3457.jpg

ここに立ち寄ったのは、沖縄バージョンのSUGOCAを手に入れるためです。
ドアー上部にも書かれていますが、入って左側の券売機で販売しています。
販売価格は2000円です。内500円がデポジットとなっています。
ただし、沖縄都市モノレール(ゆいレール)では使えませんので、ご注意を!
20160414_0008.jpg

JR九州最南端の支店で、JR最南端の西大山駅から枕崎駅の乗車券を購入。
20160414_0009.jpg

場所はこちらです。


ご覧いただきありがとうございました。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:JR九州沖縄支店SUGOCA最南端沖縄

九州へ行って来ました 東唐津駅界隈

今日も季節風か吹き寒い一日でした。
お越しいただきありがとうございますy

明日のダイヤ改正で、消える駅や減便・北海道新幹線開業による三セク化に路線など。ダイヤ改正に伴い、別れや新たな出会いに一喜一憂。オイラ的には、415系を撮り逃がしてしまったのが心残りだが、まぁ九州に行けば会えると開き直る。
そして、過日予約しておいた、2016年度版「貨物時刻表」が届きました。これってフライングじゃないの?と思っています。中身を見ると、高崎線のEF66の運用が残っていました。それも、一年を通して撮影可能時間帯。ただし光線状態は良くありませんが、無いよりましと考えています。
20160325_125620.jpg

本日も九州ネタで参ります。
前記事で触れた筑肥線。松浦川橋梁建設前の位置関係を記してみました。
東唐津駅は、島式ホームの1面2線と貨物ホーム。そして何本かの留置線があったようです。山本駅・博多駅から来た線路は、途中で合流する事無く、寄り添いながら駅へと向かいました。駅舎とホームは、並行ではなく直角に配置され、下車後進行方向に進むと改札口があった。新線後の全跡地には「唐津ロイヤルホテル」が建ちました。また、西唐津駅から呼子への延伸計画があり、唐津市内を除き、ほとんどの所で路盤ができていたとか?!
20160302_1005_9861.jpg

305系が行き違い交換をしている駅が2代目東唐津駅。その駅の上り方、安全側線の下を通る道路が以前の線路跡。ほとんどの部分が道路に化けている。しかし、Google Earthを見ると、松林脇に建つ8階建てのマンション辺りに、その線路跡の形跡がうかがえる。また、山本駅近くは道路に化けたが、特別支援学校脇には築堤が残っている。
20160302_1007_9898.jpg

初代東唐津-虹ノ松原間の旧線は、高架線の向こう側に敷かれていました。廃線跡未完成呼子線などが、♪オイデオイデ・オイデヨォ!♪と囁かれている気がしてなりません。
20160302_1008_9914.jpg

新線切替2年3ヶ月前の、日本交通公社発刊1979年12月の時刻表がありました。今では、考えられない運転本数の少なさ。そして、博多-東唐津間に1往復だが客レが残っていた驚き。その客レを、狂電関人さまが撮られており、その編成はDE10+旧客7両でした。
197912_0003.jpg
197912_0004.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
九州シリーズは、これにて終了です。
今回も、30年越しの佐賀線の筑後川橋梁に訪問できずに心残りとなってしまった。
さて、次回の九州は…。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:筑肥線東唐津駅呼子線未完成廃線跡305系

九州へ行って来ました 103系は関西だけじゃない!

あちらこちらから、桜の開花が聞こえて来ます。
お越しいただきありがとうございますy

本日も、九州シリーズです。
最終日となった朝も、銀釜を狙おうと5時に起床。さすがに、前日の疲れが出ているが、銀釜だけ撮って、ホテルに戻ろうと準備を始めた。念のため某掲示板をチェックすると、何とキンタの代走となっていた。朝から付いてねぇ~なぁと思いながらも、ベッドに寝転ぶといつの間にか寝ていた。身体は正直で、次に目を覚ますと9時を回っていたが、チェックアウトが11時なので慌てる事は無い。朝風呂に入り身体を目覚めさせた。

帰路の新幹線まで、5時間を切ったが観光を兼ねて西に車を走らせた。着いた所は、お隣佐賀県唐津市にある、標高283.6m鏡山にある「鏡山展望台」。博多市内から高速を使って1時間半足らずで到着しました。国道から駐車場への坂道は、路面の凹凸やキャッツアイが施されている。駐車場は平日と言う事もありガラガラ。そこから5分ほど歩くと展望台に到着出来た。
眼下には、唐津市内や唐津湾沿岸に広がる日本三大松原のひとつ、「虹の松原」が一望できました。そして、時折冷たい風が吹くと、足早に帰ってしまう観光客が見受けられた。
20160302_0002.jpg

虹ノ松原から唐津-西唐津間を経て、呼子町を結ぶ呼子線として計画。その後、国鉄再建法の施行の影響により工事が中断。しかし、虹ノ松原駅-西唐津駅間は高い需要が見込まれ、国鉄筑肥線の変更路線に組み込まれ工事の再開。唐津-姪浜間を直流電化し東唐津(2代)・和多田の各駅を新設し、1982年3月22日唐津-虹ノ松原間が開業しました。
20160302_997_9793.jpg
348C/103系1500番台/東唐津-和多田

全長535mの「松浦川橋梁」を渡る103系1500番台車を赤パンダと呼ぶようだ。
右手奥の森の向こうに、2面4線の唐津駅の一部が見える。
20160302_998_9806.jpg

下り電車が虹ノ松原駅を発車したので、縦アンにして「唐津城」を画角に入れた。
20160302_1003_9814.jpg
341C/103系1500番台/虹ノ松原-東唐津

北九州鉄道の「虹の松原駅」として開業し終着駅だった。しかし、1年も経たない間に、線路は西唐津へ延伸し途中駅となった。国有化の際に「虹ノ松原駅」に改称されました。
海と松林をバックに走る姿は、海無し県民の憧れの風景です。
20160302_1004_9838.jpg
348C/虹ノ松原駅

浜崎駅を発車した上り電車は、海岸線に沿って走って行きます。
20160302_1001_9842.jpg
348C/鹿家駅-浜崎駅

霞んで見えるのは糸島半島?
和多田駅発車から金山トンネルまでの13分間、お手軽俯瞰を十分に楽しめました。
20160302_1003_9853.jpg
348C/鹿家駅-浜崎駅


ご覧いただきありがとうございました。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:103系赤パンダ俯瞰筑肥線呼子線虹の松原