fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示

バレンタインと言う事で茶色い凸形電機

TV番組の影響で国道122号線がトレンド入りしている(た)ようですが、
栃木出身で東京~栃木~群馬からの現在埼玉県人のオイラは…。
国道1号線をイチコク。
国道122号線をワンツーツー。
国道254号線はニーゴーヨン。
国道354号線をサンゴ―ヨン。
国道407号線をヨンマルナナ。
では国道125号線はと言うと、ワンツーファイブと呼んでいないなぁ…。
きっと茨城県には住んでいなかったからなかも!?
本日もお越しいただきありがとうございます。

すっかり縁が無くなったバレンタインデー
今年は怪我で出社していないので義理チョコを含めゼロです。ハイ!
まぁそんな事で、茶色い電気機関車の画像です。

かつて信越本線加茂駅(新潟県加茂市)から旧村松町を経由し、磐越西線五泉駅を結んでいた蒲原鉄道の車両です。撮影は1985年(昭和60年)3月30日。加茂~松村間の部分廃止の前日に松村駅構内で撮りました。
この凸型電機は1930年(昭和5年)5月に日本車輌製造名古屋本店製の25t機。
1952年(昭和27年)10月の形式称号改正に伴ってED1形1となりました。
19850330_0042.jpg

ウェスティングハウス・エレクトリック (WH) 社製凸形電機の設計流儀に則って、乗務員扉は運転室前後妻面の向かって左側に設けられ、ボンネット部分が向かって右側へ寄せて配置されていました。
また、ボンネット前面には真鍮製の蒲原鉄道社章が確認できます。
19850330_0044.jpg

1958年に西武鉄道より譲り受けた元クハ1231形(1232)改造のモハ61形。凸型電機の後方に”お座敷列車”のプレートを付けて連結留置されていました。走行風景を一目見たかったのは言うまでもなく、後方の庫も詳しく撮っておけばと…。
19850330_0040.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
お帰りの際には、見に来たよ!とポッチっとしてもらえるとありがたいです。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:バレンタインデー蒲原鉄道社章凸型凸形電機ED1形

京都電燈デナ21形電車

朝から晴天に恵まれ陽だまりポカポカ小春日和。
洗濯物が良く乾きました。
本日もお越しいただきありがとうございます。

今日は1987年11月の京都左京区を走る叡電にタイムスリップです。
京都電燈が1929年に叡山線(現・叡山本線)用に増備したデナ21形
白飛びしていますが全長15m弱の両運転台付き片開き3扉車です。
二ノ瀬駅上り方の鞍馬川と道路を跨ぐ所で何気なく撮っていました。
歴史ある車両だった事を本日改めて知りました。
198711_0139.jpg
デナ21形22-21:叡山電鉄鞍馬線:市原駅ー二ノ瀬駅:1987.11

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:叡電デナ21形京都電燈叡山電鉄

南海本線高架化で消える簡素な終着駅

今日は暦の上で冬が始まる頃と言われる二十四節気の立冬。
東京都心でも9.6℃まで下がり11月に入ってから初めて10℃を下回り、暦にあわせたかのように冷え込んだ朝になりました。そして明日(8日)は皆既月食ですね。
本日もお越しいただきありがとうございます。

今日は大阪を走るチン電(阪堺電気軌道)の終着駅浜寺駅前”です。
南海本線の堺市内から高石市内にかけて、諏訪ノ森・浜寺公園・羽衣・高石の4駅分とその周辺部の連続立体交差事業が進行中です。
これに伴い浜寺公園駅北側500mほどの所で南海本線を跨ぐ阪堺電気軌道(阪堺電車)。その終着駅浜寺駅前は、浜寺公園駅の西側(海側)100mほどの目の前に建つ古くて小さな駅舎です。
その簡素な終着駅は1912(明治45)年で開業時期からのものとされる駅舎で、110年の歴史を持つ味わい深い建築物です。しかし、高架化工事に支障となるため対応が練られていました。その結果、南海本線との立体交差を廃し、浜寺公園駅(南海本線)東側へ軌道の新設とともに移動します。
寂しい事に趣のある駅舎は移動される事無く役目を終えてしまうようです。
20151217_0158.jpg

当初の完成予定は2018年3月(予定)との事で、住吉ー住吉公園間の廃止と絡めて2015年12月に訪問しました。しかし、工期が10年遅れとなり浜寺公園駅高架工事完了は2028年03月末(予定)となりました。
この風景をしばらくの間見る事が出来ます。
20151217_0155.jpg

立体交差の勾配を下る601形
車両奥のカーブ部分に昭和19年に休止となった海道畑駅跡があるとの事。
こりゃあ立体交差の橋台共々見に行かなくちゃ!
20151219_8266.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
明日(8日)は皆既月食(天王星食)です。
東京の時刻となりますが時刻は下記の通りですね。
部分食開始 18:09
皆既食開始 19:16
皆既食最大 19:59
皆既食終了 20:42
部分食終了 21:49

前回日本で皆既食と惑星食が同時に見られたのは今から442年前。
次は322年後との事なので、仕事の合間に見ておきたいものです。

撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:浜寺駅前高架化阪堺電車浜寺公園終着駅

朝の陽ざしの中の保津川橋梁

今日の最高気温は9.4℃と一日を通し気温が横ばいの寒い一日でした。
明日は曇りがちながら今日より気温は上がるようです。
本日もお越しいただきありがとうございます。

京都旅行の忘備録も最終日となりました。
あれ?初日に訪れた鐡道博物館内は書いていなかったような気がします…。
それは別な機会を見つけて書いて行こうと思います。

旅行最終日の朝はゆっくりしたいのです。
順光の時間帯に保津川橋梁を渡るトロッコを納めたいと思い、前日にルートの確認と所要時間の把握に赴きつつカメラに納めました。一度撮ったのだからいいんじゃね!と思うも気持ちをよそに後悔はしたくないので最終日ながらも敢行しました。
早い時間なのでライン下りが来ないの視線を感じる事はありませんでしたが、川辺は水の流れでひんやと寒く感じました。
でもなぁ…ライン下りの舟と一致に撮りたかったですね!
20211119_0421.jpg

トロッコ列車は橋梁上は徐行するので橋梁アップも撮れます。
機関車から2両目客車下に木々の一部に隙間が見えると思います。
山の中の獣道から岩場に出られる空間です。
20211119_0426.jpg

上りのトロッコ列車は広角で青空の下の紅葉した木々と川の流れ。
朝の空気をいっぱい吸い込んで清々しさと来た満足感を味わいました。
20211119_0450.jpg

機関車を遠隔制御する運転台をもつSK200形。
既に指定席券は売り切れているようで立ち席券での乗客の姿があるような…。
20211119_0452.jpg


泣いても笑ってもタイムリミットとなったトロッコ嵯峨野3号。
嵐山・高雄パークウェイの保津峡展望台から見えない位置まで遡上。
あえて日の丸構図でレンガ橋台を引き立たせてみました。
20211119_0474.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:トロッコ列車保津川橋梁レンガ橋台獣道ライン下り

思い出が詰まった旧保津峡駅

今朝は0℃まで冷え込み今季一番の寒さを更新しました。
明日午前中は雨の予報なので乾いた空気から解放されます。
本日もお越しいただきありがとうございます。

今月中に京都旅行が一段落するかと思いましたが計画倒れに…。
いつもの事なのでツッコミは無しでお願いしますね。
1986年9月と翌8711月に訪問した旧山陰線保津峡駅。
新線に切り替わり廃線となったものの観光鉄道として復活。
旧線時代の風景が思い起こせると思っていたものの訪問までが長かった。

嵐山高雄パークウェイの保津川展望台からのトロッコ列車です。
トロッコ嵯峨野/リッチ1号が静かな山間の駅に到着します。
朝1番と言う事で乗降客の姿はありませんでした。
20211118_9999.jpg

トロッコ嵯峨野/リッチ2号です。
吊り橋上に2名ホーム3名?の姿が見受けられます。
橋上駅の保津峡駅から歩いて来られたんでしょうね?
そして、吊り橋の下ではゴムボートの姿も見受けらました。
20211118_0019.jpg

トロッコ保津峡駅を出て短いコンクリート橋梁を渡ると全長468mの清瀧トンネルへ。
トンネルを抜け長さ84mの保津川橋梁(スルートラス橋)を渡るり列車は左岸へ。
20211118_0042.jpg

35mmの画角で撮ったトロッコ嵯峨野/リッチ3号です。
下流の保津川橋梁から上流部の保津峡駅までが見渡せます。
20211118_0065.jpg

保津川下りの舟を待っていたのですがタイミングが合いません。
20211118_0082.jpg

列車はトロッコ嵯峨野/リッチ4号です。
ホームにの先端から撮影する姿が確認できます。
20211118_0115.jpg

清瀧トンネルを出て保津川橋梁に差し掛かったところを600mmで切り取り。
20211118_0130.jpg

続いてはトロッコ嵯峨野/リッチ5号です。
ライン下りの舟は列車が来ない時を狙って来るのか?
それともインバウンドでライン下りの乗客が少ないから?
11時を回り時間切れなので保津峡展望台を後にしました。
20211118_0141.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:保津川橋梁清瀧トンネル保津峡展望台ライン下り