fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示

元筑波鉄道 キハ461

お越しいただきありがとうございますy

本日は、1987年3月31日を以って廃止された筑波鉄道です。
この車両は、1934年川崎車両で製造されました。
鉄道省キハ41056=国鉄キハ04 8→遠州鉄道キハ802→北陸鉄道キハ5211。
そして、関東鉄道に譲渡の際に「キハ461」となった。
前面窓は2段上昇式の4枚窓で構成されています。
窓幅は左右両脇が500mm・中央寄り2枚が580mmと、中央部がやや幅広設計。
独特なマスクをしていますが、当時は標準的だったようです。
19870312_0014.jpg

筑波鉄道廃止後は、「キハ048保存会」の皆様によって大切に保存されていました。
その後、旧国鉄気動車標準色に変更され、現在「鉄道博物館」で見る事ができます。
19870312_0011.jpg
真鍋機関区/1987.03.12(Thu)

ご覧いただきありがとうございました。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰り際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:筑波鉄道関東鉄道真鍋機関区キハ461キハ048

筑波鉄道 キハ820形(キハ821)

皆様、こんばんは。
お越しいただきありがとうございます。

本日も筑波鉄道キハ820形(キハ821)です。
この車両は、元国鉄のキハ10 47です。トイレなしの両運転台で、短距離路線での使い勝手の良い車両でした。筑波鉄道には1979年6月に譲渡されました。全長20.0m・全幅2.728m・全高3.710m・自重30.0tの、機関DMH-17B(180HP/1500RPM)搭載。1956年10月に帝国車両で新製されました。
旧真鍋駅(真鍋信号所)ホームから、機関区で佇む車両と記念に一枚。
手前から3両目のキハ461は、愛好家により公園で保存されていた。その後、東日本鉄道文化財団に寄贈され、鉄道博物館に展示されています。
19870312_0015.jpg
手前からキハ821・キハ503・キハ461・キハ761/真鍋機関区
RDP/Photoshop CS6 Extended

入線に際して、貫通幌を撤去して幌枠取付座に手すりの追加。車掌台側の尾灯を覆う円盤の取り付け工事を行っていました。ほぼキハ10形のままの姿で、廃線の日まで活躍しました。そして、構内の建つセメントスレート瓦屋根の貨物上屋が、在りし日の貨物輸送を行った証として建っていました。
19870330_0048.jpg
キハ821/上大島駅/1987.03.30/RDP/Photoshop CS6 Extended

ご覧いただきありがとうございました。
これから明日にかけて、この冬一番の強い寒気が南下します。
どうぞ、暖かくしてお過ごしください。
そして、荒れ模様の天候にお気を付けください。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰り際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:筑波鉄道キハ820形キハ821キハ10形キハ461

筑波鉄道 キハ810形811

皆様、こんばんは。
お越しいただきありがとうございます。

本日は休日出勤でした。
引き続き筑波鉄道の画像です。

このキハ811雄別鉄道からやって来た車両でした。
1962年に新潟鉄工所でキハ100形(キハ104・105)として製造されました。全長20.0m・自重31.0t・出力180PSのDMH17BX形エンジンを1台搭載した液体式。側窓は、キハ22形タイプの一段上昇窓となり、化粧室も設置した定員120名・台車はDT22と同形のウィングバネ台車 でした。その後の1966年にはキハ106が増備されました。1970年雄別三山(雄別炭鉱・尺別炭鉱・上茶路炭鉱)の企業ぐるみの閉山に伴い、住み慣れた釧路平野を後に関東鉄道に譲渡されました。譲渡後はキハ810形811~813と付番されました。キハ811・812は筑波線に、キハ813は常総線に配置されました。しかし、キハ812は昭和61年9月の踏切事故で大破し、一足先に廃車となりました。
筑波鉄道廃止後の上大島駅は、茨城県道・栃木県道41号つくば益子線に付け替え整備されました。道幅が広くなっている部分が駅構内部分・ホームや線路跡です。
19870302_0040.jpg
真壁行 キハ811/上大島駅/1987.03.02
KR/Photoshop CS6 Extended

ご覧いただきありがとうございました。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰り際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:キハ810形キハ811廃止上大島駅筑波鉄道

北の大地から新天地へ

皆様、こんばんは。
お越しいただきありがとうございます。

本日は、筑波鉄道筑波線に戻ります。
この車両は、釧路-雄別炭山間を結んでいた、元雄別鉄道キハ49200Y形 (1-3)です。国鉄のキハ21と同型(称号改称前の形式称号でキハ49200。Yは雄別のイニシャル)のバス窓。上段がHゴム支持の一段上昇窓。台車はTR29タイプの菱枠形台車でした。新天地の筑波鉄道ではキハ760形(キハ761-763)を名乗りました。
19870302_0013.jpg
キハ761(キハ49200Y1)/1987.03.02/常陸北条駅-筑波駅

前日に降った雪は、次の日の夕方にはほとんど溶けてしまいました。
土手奥に見える道路橋は、常磐自動車道です。
19870308_0020.jpg
キハ762(キハ49200Y2)/1987.03.08/坂田駅-常陸藤沢駅

岩瀬駅構内西側の踏切を超えると、左に大きくカーブし水戸線と離れます。
この雨引駅-岩瀬駅が、4.6kmと駅間最長区間です。
19870330_0034.jpg
キハ763(キハ49200Y3)/1987.03.30/雨引駅-岩瀬駅

ご覧いただきありがとうございました。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰り際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:雄別鉄道キハ49200Y形キハ21キハ760形筑波鉄道

筑波鉄道 キハ504形(キハ504・キハ505)

皆様、こんばんは。
風が強い一日でした。
お越しいただきありがとうございます。

今日は、電車+徒歩鉄しようと思いました。
しかし、風の強さに心が折れてしまいました。

今日も過去帳入りした筑波鉄で行きます。
キハ504形キハ504キハ505の車両です。
外観も性能もキハ503と同じ。
では、どこが違うのか?
金属バネか空気バネの違いです。
入線当初は、501と502が空気バネ台車で、503以降は金属バネ台車でした。
しかし、入線後すぐに501→504に、502→505は車両番号の入れ替えをし、
空気バネ台車はキハ504形キハ504キハ505として区分されました。
バネ台車はキハ501・キハ502・キハ503となり、1963年2月から4月にかけて、
キハ501・キハ502は常総線(水海道機関区)に転属しました。
19870302_0029.jpg
キハ504/常陸小田駅/1987.03.02(月)/RDP/Photoshop CS6 Extended

間違い探しではありませんが、
キハ504キハ505で違いがあります。
お分かりになりましたでしょうか?
19870308_0052.jpg
キハ505/常陸小田駅/1987.03.08(日)/RDP/Photoshop CS6 Extended

常陸小田駅入場券
H oda_0399
H oda_0400
最終日の乗車券
H oda_0405


ご覧いただきありがとうございました。
明日も、今日以上に寒い一日になるようです。
どうぞ、ご自愛ください。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰り際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム

続きを読む

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:キハ504形キハ504キハ505常陸小田駅入場券乗車券