fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2008年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
最近の記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
こっちも見てって!
ブログパーツ
Special Thanks
リンク
ブログ内検索
ありがたいコメント
記事に関係ないコメントは即刻削除させていただきます。 また、撮影地の問い合わせをいただいても返答いたしかねます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

住宅地に鎮座する加藤クン

壺川東公園
ゆいレール壺川駅から徒歩で約10分の所にある壺川東公園のです。
昨年の6月26日の夕方、乗り継ぎ時間2.5時間という限られた時間で、沖縄県営鉄道のレールと南大東島で働いていた加藤製10トンディーゼル機関車を見て来ました。那覇空港から日本最南端の駅ゆいレール赤嶺駅を素通りして、ここ壷川東公園にやって来ました。その後、国際通りのステーキハウス88(やすはち)国際通り店で慌ただしく夕食を摂ると、フライト時間まで30分をきり、国際通り→空港の間ををタクシーで移動。最終便の登場手続きに間に合うのかと思う冷や汗と、外気の暑さの大汗を掻きながら慌しく回りました。

沖縄070626 103-1
陽は傾き加藤君は木陰に入ってしまっているので、午前中に訪問が良いみたいです。

沖縄070626-089-1
平凡な分岐部分ですが何か違いを感じ取れましたでしょうか?

沖縄070626 102-1
赤く線を引いた所に、沖縄県営鉄道の那覇を始発駅とした与那原(よなばる)線が(那覇ー古波蔵)通っていた所に、壷川東住宅建設工事の時に出土したレールを展示していたようですが、その功績が無残にも跡形も無くなっていました。(何年か前にレールは盗難に遭い、その後枕木も撤去したとの事です。)
第二次世界大戦で壊滅的被害を受け、廃線を余儀なくされた沖縄県営鉄道。沖縄戦を見届けた証が、盗難の一言では言い尽くせない思いでその場を去りました。2001年~2003年は、何度となく沖縄本島を訪れていたのに、一度も訪れなかった事を今更ながらに後悔しています。念願は南大東島へ行き、シュガートレインの廃線跡や車両を見て来たいのですが、航空運賃は高いし、船酔いするオイラには痛し痒しです。トホホ…

沖縄070626 092
沖縄の軽便鉄道
沖縄では、本土の汽車よりも規格が小さい軽便鉄道(けいべんてつどう)というものが1945年(昭和20年)まで走り人々からは「ケービン」と呼ばれ親しまれてきました。 軽便鉄道が最初に運行したのは1914年(大正3年)のことで、那覇駅(現在の市外線バスターミナル)を起点に、東海岸の港町である与那原町を結んだ与那原線と那覇港(現在の那覇埠頭)へ延びる海陸連絡線でした。 その後、1922年(大正11年)には嘉手納線が、1923年(大正12年)には糸満線が開通し、全延長距離は48.032kmになりました。 軽便鉄道は、1945年(昭和20年)沖縄戦で破壊されるまで沿線の多くの人々を乗せて走り、また、さとうきび等も大量に運搬できたため当時の沖縄の産業振興にも大きな役割をはたしました。 ここ壺川東公園は、当時の那覇駅と壺川駅の間に位置しています。またここに展示している機関車はかつて軽便鉄道が走っていた場所とほぼ同じ位置に設置されています。
(説明文から抜粋)

沖縄070626 100
5号機のキャブ内です。計器は残っている感じです。
子供たちの秘密基地として、第二の人生を過ごしているのでしょうか!?

沖縄070626 096
1913年ヘンシェル製蒸機(大日本製糖1号)の足回りとの事です。

沖縄070626 095
ここに設置しているのは南大東島でさとうきび等を
運搬するのに使われていたディーゼル機関車と蒸気機関車(下部)です。
 蒸気機関車の煙突やタンクは残っていませんが車輪に取り付けられた
連結棒が蒸気機関車のおもかげを残しています。
寄贈 機関車及びレール
    (株)リウエン
    社長 宮城 仁四郎
(説明文から抜粋)

続きを読む

関連記事

テーマ:沖縄
ジャンル:旅行

タグ:日本最南端の駅沖縄県営鉄道シュガートレイン壺川東公園沖縄県美ら海