fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2015年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示

わ89-302+301とキハ20204+キハ40 沢入駅

皆様、こんばんは。
今日は寒い一日でした。
お越しいただきありがとうございます。

本日は、今月29日に引退する「わたらせ渓谷鐵道」のわ89-302です。
この車両の詳しい導入日時と試運転期間は、残念ながら分からない。そして、この試運転を知って出掛けたのか?それとも偶然なのか?とんと記憶に無い。ずぼらな性格丸出しで、お恥ずかしい限りです。

そして、この記事を書くのにひと苦労。この頃の時刻表が手元に無く、この時期に近いのが1986年11月号。そうです国鉄最後のダイヤ改正号。この時の足尾線の本数は、桐生⇔間藤行6往復・桐生⇔足尾間1往復・桐生発大間々行1本(休日延長運転で神土まで1往復)・足尾⇔間藤間2往復でした。これに試運転のスジを書き入れると違和感が…。
その後JRになると、9時台に桐生-間藤間に1往復の列車が設定されました。この列車は、転換されるまでの約2年間続きました。このダイヤに試運転のスジを入れると、違和感が消えました。その正体は影でした。これで時間帯が一致しました。

さてホームに目をやると、下りホームの待合室の近くに、タブレット授受の受柱があります。その奥には、自動閉塞器のセンサーが見えます。わたらせ渓谷鐵道への転換準備が進んでいます。更に奥に目をやると、白いテープで×印の付いた2灯式の信号機。それと重なり出発現示の腕木式信号機が見えます。

次に上りホームに目をやると、見た限り今と変わりが無いようです。しかし、ホームの植え込みの隙間から、線路とホームが見えています。このホームは貨物ホームと思います。国道が未整備の時代に、御影石の積み出しに使われたのではないでしょうか?
198903_0125.jpg
725D・試9728D?/沢入駅/1989
画像ソフト:Photoshop CS6 Extended

ご覧いただきありがとうございました。
明日も素敵な一日になりますように!
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰り際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
関連記事

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:わ89-302わ89-300形試運転足尾線沢入駅貨物ホーム