fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示

余部橋梁を渡る726レ

お越しいただきありがとうございますy
本日は国鉄時代の画像です。

1986年11月のダイヤ改正まで、旧客王国山陰本線でした。が、一部の普通列車には、12系を使用した編成がありました。一般車との併結に備えて客車用の直流24V電源引通し線の増設。これにより、一般形客車系列のマニ50の連結が可能になりました。また、内車端部の2ボックスをロングシート化し、吊り手を設けた近郊形改造。それにより1000番台を名乗り、車体の白帯が消さました。

この726列車の運転区間は、福知山線経由の米子-大阪間です。米子を10時16分の発ち、終着の大阪へは21時10分の到着。米子・大阪間348.7kmを、約11時間の所要時間。平均時速は32km/hで、原付並みの速度でした。因みに、餘部駅の発車時刻は14時29分でした。
この日の天候は曇りだったので、鎧駅側での撮影でした。
19860919_0080.jpg
726レ/DD51796+12系4B+マニ/1986.09.19(Fri)

そして、5日後に訪れた時には天候に恵まれました。この日は、余部橋梁を俯瞰できないものかと場所探し。そして、逆光側となる山を登って行きました。なぜに?とお思いになるとかと思います。橋脚やその一部、車両が光らないものかと考えた次第です。
登った割には構図が変?と思う事でしょう。それはね、望遠と広角のそれぞれのカメラを持ち、松の木に登りました。広角では、枝葉が入るのを避けたので誤りで、入れておけば良かったのかも知れません。
そして、3両目から4両目付近には、作業員の姿があります。
19860924_0366.jpg

片方を足を枝に置き、もう一方の足で幹に絡ませながらの撮影でした。その姿勢はさぞや滑稽だったのではないでしょうか?何とかに付ける薬は無いようで…!!
その甲斐あってか、橋梁の一部が反射し立体感が出たのでは思っています。
19860924_0334.jpg
1986.09.24(Wed)
画像ソフト:Photoshop CS6 Extended

ご覧いただきありがとうございました。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰り際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
関連記事

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:余部橋梁餘部駅トレッスル橋DD5112系1000番台マニ50