fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示

刻(とき)は逢魔時へ @会津坂下駅

低気圧の東進により午前中は安定の曇り空。
午後になるとに時折り日が射しましたが、風の強い日でした。
本日もお越しいただきありがとうございます。

今日は午前と午後の2回に分けて線路っ端に行って来ました。
その模様は後日に回し、只見線の記事を先行します。

日が沈み、刻(とき)は逢魔時へ。
月齢13.4の月が輝き始めました。
2ヶ月遅ければ十三夜の月として見上げる人も多いだろうと…。
20170904_2817_1794.jpg

ブルーアワーの空に赤みを帯びた雲が残っていました。
通学時間が過ぎた駅は閑散とした佇まい、やがて来る乗客を待っていた。
20170904_2816_1791.jpg

線路の延長線上には会津地方の中心都市、会津若松市の明りが見えました。
直線距離では10kmほどだが、只見線はぐるっと回って倍の21.6kmの道程。
また、駅舎の上部方向には、福島県のシンボルの一つの磐梯山が望めました。
それらに構内踏切を渡る情景をプラスしたいと思うも列車は暫く来ません。
後ろ髪を引かれる思いで車に乗り込みました。
これにて、只見線訪問記は完結です。お付き合いいただきありがとうございました。
20170904_2818_1799.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
29日の朝は11月並の寒気が南下し、霜が降りるほど冷えるところも。
今夜は一枚多く掛けるなど、暖かくしてお休みください。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム

続きを読む

関連記事

タグ:只見線会津坂下駅逢魔時ブルーアワー十三夜月見