fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示

森郷児童遊園の保存車両

20130922_3688.jpg
新幹線総合車両センターの守衛の方から、利府駅の先にもう1台保存されている。と言う情報を頂きましたが、詳しい場所は尋ねませんでした。それは、守衛の方が忙しそうみ見えたのと、おおよその場所の推測ができたからです。


保存場所の森郷児童遊園はココです。
駅から道なりに600m位歩いた距離です。
また利府町の避難場所にもなっています。
20130922_3693.jpg
仙山線陸前落合-熊ヶ根間で、国内初の交流電化実験線の試験を行う際に開発した車両。もともとED45形と呼ばれていました。
ED91 11ED45 11

20130922_3701.jpg
1956年12月21日に東芝で製造。

20130922_3694.jpg
台車はDT110形・動力伝達方式は吊り掛け式。

20130922_3704.jpg
ED9111の下り方にはC58354号機が展示されています。運転台には入れませんが、金網越しに中を見る事ができます。保存状態は、各所に腐食し傷みがあります。

20130922_0196.jpg
説明は要りませんね!


なぜこんな所に保存機関車が?と思われる方もいると思います。開業当時の東北本線は、赤線で加筆したルートで、補機を必要とする列車がありました。そして、第2次世界大戦の末期になると、鉄道に占めるへ物資輸送の移転が生じ、各地で勾配緩和のために新線が建設されました。岩切-品井沼間も勾配緩和ルートとして新線開業しました。その後、新線側の複線化が進み両ルート併存の意味も薄れて、山線側の利府-品井沼間が廃止される事となり、利府線(利府支線)となりました。廃止された山線ルートの一部に森郷児童遊園が作られました。この山線の事を知っていたので、詳しい場所を聞かなくても辿り着けた訳です。
関連記事

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

タグ:森郷児童遊園ED4511ED9111C58354保存車両利府線利府支線

Comment

非公開コメント