fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示

降り注ぐ星空と恋島へのアプローチ

今日は21℃の気温でしたが、風が吹く一日でした。
近畿地方は北寄りの風が強まり、昨年より4日遅く木枯らし1号が吹きました。
本日もお越しいただきありがとうございます。

目覚めると時計の短針は、数字の2の近くにありました。
4時間半の睡眠は取れましたが、中途半端な時間となってしまいました。
そのような経緯から、本日もシャッターを押していません。
なので、満天の星空古宇利大橋をご覧ください。

7月の時は、月齢を気にせず行ってしまったので、星を撮る事が出来ず。
今回は新月の時期を狙い、屋我地島砂浜から撮影開始です。
島の明かりが古宇利大橋のサイドを照らし、改めて島の変貌振りを実感しました。
20160929_1609_3303.jpg

橋の歩道部は、ブルーのライトが足元を照らしています。
あたかも、満天の星空へのアプローチのようでした。
しかし、この一枚を撮るのに苦労しました。
20160929_1610_3338.jpg

レンタカーは見なくなるものの、島内の方々の車が通ります。
ヘッドライトが路面を照らし、テールライトが進行方向を示す。
だが、30秒の露光時間に対向車のヘッドライトが見えた。
島内の土地は値上がり、開発が進みバブル景気になっているとか?!
そんな話を、離れた地域で耳にした。
20160929_1607_3337.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
秋も深まって参りました。
気温の変化にご注意ください。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
関連記事

テーマ:風景写真
ジャンル:写真

タグ:古宇利島恋島古宇利大橋星空砂浜屋我地島

Comment

非公開コメント