fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示

線路のない鉄道橋「碓氷第三橋梁」を歩く

今日の関東地方は、季節を1ヶ月ほど先取りした気温でした。
本日もお越しいただきありがとうございます。

昨日休暇を取り今秋2度目の紅葉狩りへ。
行き先は、重要文化財となっている碓氷峠鉄道施設
その内の、めがね橋と呼ばれている碓氷第三橋梁です。

この日は、季節風が吹き付ける日でしたが、多くの観光客が訪れていました。
1891年(明治24年)着工着工し、200万個余の煉瓦を使用し1893年に竣工。
だが、開通翌年の東京湾北部で起こった地震より被災。
第4アーチと第2橋台に、数箇所の亀裂が生じ補強工事。
更に翌年は、新型機関車に対応するために第1~3アーチの補強工事。
これによりアーチが厚くなり、橋脚は当初の約2倍の太さとなった。
補強工事を含めると300万個弱の煉瓦を使用したと言われています。
また、煉瓦アーチ積みのためのアーチセントル(支保工)の支えの石は、
石材は加工しやすい、秋間石と呼ばれる溶結凝灰岩が用いられた。
当初の約2倍の太さとなった橋脚が、青空に向かって立っていた。
20161109_1656_9947.jpg

遅い出発と途中の寄り道。
そして、横川駅前にある「おぎのや本店」での昼食。
到着が13時頃となってしまい、陽は思った以上に西に進んでいた。
階段を上り横川側の橋梁脇に立つち、軽井沢側を見ると既に山影の中へ。
その代わりに、ラックレールを使ったケーブルハンガーが良いアクセントとなった。
横川ー軽井沢間の鉄路が消え早19年。
ベストな光線状態をすっかり忘れてしまっていた。
20161109_1658_9980.jpg

碓氷第五号トンネル坑口上部から見た「アプトの道
今週末頃まで紅葉が楽しめそうです。
20161109_1657_9963.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
明日の関東~北海道の地域では、12月下旬並みの気温とか。
どうぞ、暖かくしてお過ごしください。
またのお越しを、お待ちしております。

撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
関連記事

テーマ:風景写真
ジャンル:写真

タグ:めがね橋碓氷第三橋梁碓氷峠鉄道施設紅葉紅葉狩り

Comment

非公開コメント