fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示

キハ82乗り鉄の旅 ひたすら北へ

1986年1月9日(木曜日)
普段の早番は18時までの勤務。しかし、18時過ぎの列車に乗らなければならないので、1時間の早退で17時上がり。職場から自宅までは直線距離で1km程度、道のりにして2.1km。マイカーで5~6分の通勤時間。職場からは自宅とマイカーが丸見え、何事かあったら即呼び出し。普段からプライベートなんかあったもんじゃない。しかし、この時ばかりは、職場の近さのありがたみを感じ家路に着いた。そして、風呂に入りながら、北に向かう懐かしさを感じました。実に9年5ヶ月ぶりの渡道になるからです。

19860101_0008.gif
<弘済出版社 道内時刻表 1986年1月号>
関東から速達タイプの渡道は、途中停車駅を大宮駅(一部宇都宮駅)・福島駅(一部郡山駅)・仙台駅のみ停車の、速達タイプのやまびこ号に乗り、ひたすら北を目指す。または、あけぼの・はくつる・ゆうづるの寝台特急に乗り昼間の津軽海峡を渡るふたつのパターンがありました。休暇が3日しかないので、夜の帳が下りた頃に上野駅を出る速達タイプのやまびこ23号でひたすら北を目指しました。この列車の停車駅は、宇都宮・郡山・仙台の三駅。上野-盛岡間の所要時間2時間46分でした。窓側の座席とは言え帳が下りた外の風景を眺めている訳にもいかず、ビュッフェに行き軽くサンドウィッチとコーヒーで小腹を満たし、追加のコーヒーを飲みながら暫し時間を潰していると、速度計の指示が下がり、仙台駅の到着案内のアナウンスが入ったので席に戻る事に。
仙台-盛岡間171.1kmを51分。平均速度201.4km/hで途中5駅をノンストップで走り抜け、上野-盛岡間の表定速度は178.2km/hでした。ちなみに、上野-宇都宮間147.1km/h・宇都宮-郡山間185.1km/h・郡山-仙台間180.8km/hの平均速度からすると、いかにイイ走りだったのかが分かります。

morioka_0002.gif
<盛岡駅構内図 弘済出版社発行 大時刻表 1986年9月号>
本日三度目の乗り換えです。3階の新幹線ホームから2階の改札口を抜け、地上4番ホームに停車している『はつかり23号』に乗り換えます。乗り換え時間もたっぷりあるのし、指定券を持っているので慌てなくても良いのですが、走っている乗客を見かけると、なぜか走りたくなってしまうのはオイラだけでしょうか?

19860110_0002.jpg
1023M/盛岡駅/1986.01.09(木)
今まで青森駅かと思っていましたが、向こう側の停車している列車の方向幕を拡大して分かりました。そこには、特急ゆうづる 上野となっていました。はつかり23号が青森に到着する時刻には、既に上り列車は終了しています。なので、はつかり23号と24系寝台車の離合は、盛岡駅だけと判明しました。該当する寝台列車は、青森18:45発「ゆうづる2号」でした。

19860109_1023M.gif
青森駅からの青函連絡船の乗換に最適な12号車のですが、確か進行方向逆向きの席だったと記憶しています。

←盛岡
123456789101112
クハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
サ ロ
581
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
サハネ
581
クハネ
583
禁自禁指
普段は6M3Tの9両編成ですが、繁忙期になるとモハネ582+モハネ583+サハネ581が入り8M4Tの12両編成なりました。

aomori_0004.gif
<青森駅構内図 弘済出版社発行 大時刻表 1986年9月号>
定刻通り0時9分雪の降る青森駅2番線に到着。足早に桟橋跨線橋を歩いていると…。桟橋待合所の方から、大阪からの『特急白鳥号』が雪のため遅延しており、その接続待って出港との事でした。大阪を10時30分に出発し、青森到23時51分着所要時間13時間21分。運転距離1040kmと在来線ダントツの昼行特急。走行路線は東海道本線・湖西線・北陸本線・信越本線・白新線・羽越本線・奥羽本線の7路線。これだけの距離を走行してくるのだから、冬季の遅れは関係各所の苦労は計り知れない。

19830110_seikan
桟橋案内所で自由席グリーン券を購入。遅れている白鳥の乗客に申し訳ないが、一足先に乗船する事にしました。

seikan_0010.gif
<弘済出版社 道内時刻表 1986年1月号>
グリーン船室の船首は座席指定の椅子席と寝台室があり、自由席グリーン船室は船尾に椅子席と絨毯敷き座席の二種類。仕事上がりでの出発だったので、とにかく足を延ばして横になりたかったので、迷わず絨毯敷きの通称『桝席』を選択。場所の確保ができたので、下の普通船室の売店に買い出し。これから先の事を考え必需品の道内時刻表。そして石狩汁で温まり眠気が来ることを期待して・・出港を待つ事にしました。

----------------------------------足跡-----------------------------------
最寄駅18:09⇒小山18:37/18:57(あおば225号・225B)⇒宇都宮19:11/19:23(やばびこ23号・23B)⇒盛岡21:26/21:36(はつかり23号・1023M)⇒青森0:09/0:30(1便)⇒函館4:25

前日乗車距離本日乗車距離積算乗車距離
0km759.7km759.7km


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
お帰りの際、愛のワンクリックをしていただくと、
明日への励みになります。ご協力をお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄へ
にほんブログ村
懐かしさや・へぇ~と思えましたら、
ワンクリックのご協力をお願いします
関連記事

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:時刻表はつかり583系青函連絡船国鉄旅行記

Comment

非公開コメント