FC2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
こっちも見てって!
ブログパーツ
おこしやす
アクセスランキング
Special Thanks
リンク
ブログ内検索
ありがたいコメント
URLのご記入をお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック

紀勢線 濁川橋梁俯瞰

今朝はプラス0.2℃と5日ぶりに氷点下の朝から抜け出し
日中も11.1℃まで気温が上がり大掃除日和になりました。
本日もお越しいただきありがとうございます。

16日は三列車のみで撤収してしまったので
紀勢線を走り抜けたキハ82系特急南紀濁川橋梁の回想録です。
この年の3月に高山本線第15益田川橋梁で知り合ったK君が同行者。
大内山の民宿に宿泊し朝食を早々に済ませR42号を北上。
1時間足らずで目的地に到着し車を降り植林された場所へ向かう事に。
道路から見上げた時にはそれほどではなかった斜面。
朝の涼しい内にサッサと登って撮ってくりゃいいさと…。
だが予想以上に下草が茂り朝から藪漕ぎに加え汗が出る始末。
もう少し上から撮りたかったのだが通過時刻が迫りタイムアウト。
セッティングを終え程なくデッキガーター橋を渡る音が聞こえて来た。
この濁川橋梁の橋脚をよく見ると道路が見える右の橋脚は角張った形。
その左側2本は川の流れの抵抗を抑えるため楕円形となっています。
そして、車両に目をやると右から3両目は
アコモ改造を受けていない原形キハ80が連結されていました。
199008_0168.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。
関連記事

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:キハ80 アコモ改造 特急 南紀 紀勢線 原形 濁川橋梁

Comment

非公開コメント