FC2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2021年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
こっちも見てって!
ブログパーツ
おこしやす
アクセスランキング
Special Thanks
リンク
ブログ内検索
ありがたいコメント
URLのご記入をお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック

一度も列車が走る事はなかった第一幾品川橋梁 (越川橋梁)

私事ですが今日はオイラの誕生日。
”冥土の旅の一里塚。
 めでたくもあり
  めでたくもなし”
という句が頭に浮かんだ。
元々は一休禅師の歌で"正月は冥土の旅の一里塚…"となっており
昔は正月がくると一つ歳を取っていた。
今は誕生日が来ると一つ歳をとるので
”誕生日冥土の旅の一里塚
 ありがたくも
  めでたくもナシ!”と言った心境です。
どうでも良い事で初っ端から長くなってしまいました。
本日もお越しいただきありがとうございます。

さて本題の根北線の未完成橋の第一幾品川橋梁 (越川橋梁)です。
以前にもチョット触れましたが根北線を知ったのは廃止直前の1970年ころ
越川駅から先に10連のコンクリートアーチの存在を知り一度は見ておきたいと…。
そして半世紀近い2019年5月21日にやっとその思いが叶いました。
第一幾品川橋梁 (越川橋梁)の蘊蓄は多くの方が綴っていますので割愛しますね。

国道244号線の道路拡張によりアーチ橋は途中で分断され現在の姿となり
10連目のアーチ部分に説明版と橋脚部に登録有形文化財のプレートがありました。
20190522_4388.jpg

アーチ部の下を流れる小川を越え根室標津側の取り付け部に佇みました。
20190522_4384.jpg

アップで撮ったアーチの先端部分です。
バラストは無いみたいですね。
20190522_4383.jpg

越川橋梁を超え根室標津側へと延びる予定線。
当時は両サイドに木々が茂り予定線は簡単に分かり得たが今は農地へ。
20190522_4390.jpg

農道から左に分岐するか小道が予定線ではないだろか?
ココの農地は食害を防ぐためなのかフェンスで囲まれています。
国道からの農道に入る門扉は施錠され農地には入れませでした。
20190522_4391.jpg

国道244号線の改良工事によって取り壊され残った6連目のアーチ。
アーチ上部にバラストが残されているようだが
この時のために購入したドローンを積み込み忘れたのが口惜しかった。
20190522_4394_202101140904294ec.jpg

幾品川上流から見た高さ21.6mの第一幾品川橋梁
新緑の中から単行のキハが顔を出し25‰の勾配がある
越川橋梁渡る姿を思い描いていました。
そして、対岸の新緑の中はどうなっているのか気になり始めました。
これは行って確かめるっきゃない?
20190522_4402.jpg

ご覧いただきありがとうございました。
幼い時から訪問を夢見た第一幾品川橋梁
誕生日と言う事で掲載してみました。

撮影や更新リの励みになります。
お帰りの際には、ポッチっと「愛の一押し」お願い致します。
鉄道コム
またのお越しを、お待ちしております。
関連記事

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:根北線 第一幾品川橋梁 越川橋梁 コンクリートアーチ

Comment

非公開コメント