fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示

先島諸島 駆け足の旅 与那国島

IMG_1379-1.jpg
当時はまだOW(オープンウォーター)のライセンスなので、「海底遺跡」には行けないので滞在時間は約24時間だけ。AOW(アドバンスオープンウォーター)のライセンスがあればなぁ・・・。
あぁ残念!
そんな訳で、ここに来た記念に国泉泡盛合名会社に。
IMG_1378-1.jpg
色が褪せていましたが、ここまで来ると良い香りが漂っていて、その香りに誘われてお邪魔する事に・・・。

IMG_7614.jpg
檳榔(びろう)の葉で包まれたクバ巻きという与那国独特!?スタイルのアルコール60°の花酒「どなん」と43°の「どなん」を買い求めました。43°の方は、直ぐに味わってしまい空き瓶さえもありません。60°はまだまだ寝かせて置きたいと・・・。

「どなん」の由来は
与那国の方言名で与那国島は断崖に囲まれた島。その上、天候が不安定。
そのため渡るのが難しいとこから「渡難」と呼ばれているようです。

IMG_1389-1.jpg
飛行機の時間があるので、ティンダバナに行ってみました。
島の北東にある標高約100メートルの隆起珊瑚礁の砂岩でできた断崖。
頂上近くに大きな浸食洞があり天然の展望台となっていました。

IMG_1381-1.jpg
眼前には祖納集落が一望でき、東シナ海が広がっていました。
橋の袂の白くて四角い建物は・・・最西端の駐在所です。
正面から駐在所を撮ってないのを、搭乗後に知るはめになるとは・・・;

IMG_1391-1.jpg
石垣空港(ISG)からの飛行機が到着してしまいました。
原則的に与那国空港(OGN)は西からの進入のようですが、この日は、風向きの関係か東側からの着陸になっていました。この時は未だ1500メートルの滑走路を舗装強化で暫定ジェット化でしたが、2007年3月15日から滑走路が2000メートルとなったようで「渡難」の影も薄くなったのではないでしょうか?
関連記事

テーマ:ぶらり旅
ジャンル:旅行

タグ:与那国島志木那島与那国空港泡盛沖縄県国泉泡盛合名会社

Comment

非公開コメント