FC2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示
こっちも見てって!
ブログパーツ
おこしやす
アクセスランキング
Special Thanks
リンク
ブログ内検索
ありがたいコメント
URLのご記入をお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

By FC2ブログ

PING送信プラス by SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック

保津川

19871115-s34.jpg
<1987.11月撮影>
渡月橋を境に上流を保津川・下流側を桂川と、呼び名が違うと地元の方から聞いた事がありましたが、河川法では桂川に統一されているのですね。
この桂川は京都市左京区広河原尾花町と南丹市美山町佐々里の境に位置する佐々里峠に発し、この佐々里峠は日本海に注ぐ由良川と桂川の分水嶺で、古くは葛野川(かどの)と呼ばれていた淀川の支流なんですね。また、流れる地域によって上桂川・大堰川・保津川と名前を変えられて呼ばれていたようです。で、WEBで見られる地図でこの名を使っていないかと調べてみると、さすがに上桂川は無かったものの、大堰川・保津川は見つかりましたが拡大すると保津川と言う名称が消えてしまい残念に思いました。


で、過去に撮ったネガに保津川と言う文字が無いかと探してみると・・・。
ありましたぁ!
川の名前を刻んだ保津川橋梁が・・・。

この保津川橋梁は1928年(昭和3年)汽車製造製の橋長84m下路曲弦ワーレントラスの85.3m 1連で二代目の橋梁になるそうです。となると初代は?と気になりませんか・・・。最近この目で見てはいませんが、今でも現存しているようです。場所はJR東海名古屋運転区の名古屋駅側に架かる向野跨線橋が初代保津川橋梁との事です。そして今でも新幹線の海側からの座席からも見えるかも知れません。


19871120-s9.jpg
キハ47主力が多かった京都口にもDD51牽引の客車も走っていました。
保津川橋梁もさることながら保津峡トンネルの抗門も重厚感を誇っています。

19871120-s12.jpg
朝の通勤通学時間帯にはキハ47の8両編成がありました。

19871120-s13.jpg
2011年春にキハ181は引退してしまうのですね。

19871117-s28.jpg
保津峡駅側には橋梁名は記載されていませんでした。
車両が流れてしまっているのはご勘弁ください。
関連記事

テーマ:鉄道写真
ジャンル:写真

タグ:保津川 保津川橋梁 あさしお キハ181

Comment

非公開コメント