fc2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


FC2カウンター
カテゴリー
プロフィール
アクセスランキング

ねこひげ

Author:ねこひげ
食欲:腹七分目
金銭欲:困らない程度にあれば良い。
物欲:その時両手で持てる量。
色欲:終わったなぁ… 
権力欲・名誉欲:いらないみたいです。
睡眠欲・写欲:これだけは絶対に外せません。これが楽しみで生きてます。
わがままなおっさんです。
どうぞよろしくお願いします!

RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
RSSリンクの表示

温泉大浴場 湯くら

20100211_8062s.jpg
昨年利用した時には、8階にある貸切眺望風呂(50分/2100円)と客室のユニットバス。近日中に大浴場を作るとの話でしたが、昨年4月27日に無事2階建ての温泉大浴場「湯くら」がオープンしました。その温泉大浴場に入ってみたいと言う気持ちもあって、この宿を選んでみました。

20100211_8063s.jpg
2階のエレベターを降り、食事処の反対側(右手方向)に温泉大浴場の入り口があります。正面には「弐の湯」があり、この階段を下りて行くと、1階のある「壱の湯」に行けます。
「壱の湯」「弐の湯」は朝晩で男女入れ替えとなっているので、お気を付けください。
20100211_8050s.jpg
備え付けの履物以外でも大丈夫なように、鍵付き下駄があるので履き間違いがなく安心です。

20100211_8051s.jpg
脱衣かごの手前には、鍵のかかるロッカーが備えてあり、貴重品を持ち込んだとしても安心です。また、奥の洗面台にはアメニティーや化粧水が用意されています。

20100211_8054s.jpg
心地よい光が射しこみ、暖かい日差しを浴びながらお湯に浸かると、心も体も暖まりますよ。

20100211_8055s.jpg
木のぬくもりがいっぱいの内風呂は、小樽の軟石を使用した浴槽です。また、右手に見えるドーム型は洞の湯で、深さ20cmの寝湯。その内にでは、壁からお湯が流れる音を聞きながらリラックスできます。ただ定員二名なので、時間帯によっては順番待ちになるかも知れません。

20100211_8056s.jpg
蒸気で約45度の室温の『善燃草』で健康浴ができます。
『善燃草』と聞き慣れないかも知れませんが、もぐさの原料となるよもぎの事です。また、四方に繁殖するので『四方草』とも言われるそうです。

20100211_8057s.jpg
檜造りで開放感のある露天風呂。浴室の扉をかけてから露天風呂までの数歩が冷たいけれど、雪を見ながら楽しめる雪見風呂。情緒があって至福のひとときでした。

関連記事

テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行

タグ:運河の宿小樽ふる川口コミ宿泊プラン温泉大浴場

Comment

非公開コメント